日本エクスラン工業株式会社

モイスケア®
MOISCARE®

高吸湿発熱繊維 モイスケア®

モイスケアは、綿、ナイロンの約7倍という高い吸湿性を備え、また環境条件により吸放湿(呼吸)を長期的に繰り返し、吸湿時には吸着熱を発生するという、ユニークな性能を持ったアクリレート系繊維です。

モイスケア®の性能

  1. 吸湿性

    「モイスケア®」の吸湿性能は、ウールの2.5倍、コットンの5倍以上あり、既存の繊維の中では最高レベルの値を示します。

    吸湿性のグラフ

  2. 吸放湿性

    モイスケア®の吸放湿性能は非常に高く、下のグラフのように、雰囲気の変化により、吸湿と放湿を繰り返します。すなわち調湿作用にすぐれており、調湿素材として使用できます。

    吸放湿性のグラフ

  3. 吸湿発熱性

    「モイスケア®」の「吸湿」「熱交換」システム

    吸湿発熱性


    吸湿発熱量
    C-80熱量計を用いて「モイスケア®」、羊毛、ダウン羽毛の水分吸着熱を、25℃、RH80.5%の条件で測定した。その結果、下記のとおりの結果が得られた。

    試料 吸湿率(wt%) 水1g当り吸着熱
    (発熱)(J/g)
    乾燥繊維1g当り吸着熱
    (発熱)(J/g)
    羊毛 17.3 2784.6 482.2
    ダウン羽毛 13.9 2822.4 391.4
    モイスケア®原綿 50.8 2851.8 1449.0

    測定した3者を比較すると、水1g当りの吸着熱は繊維の種類によらずほぼ同じ値です。
    一方、乾燥繊維1g当りの吸着熱は、吸湿率とおおむね相関関係があります。すなわち吸湿率の高いものは、乾燥繊維1g当りの吸着熱も大きく、「モイスケア®」原綿はウールの約3倍の吸湿発熱性能があります。

その他の性能

  1. かび抵抗

    次の試験結果のように、かびの発生に対して強い抵抗力(防かび性)を持っています。

    試 料* かび抵抗性*
    1週間後 2週間後 備考
    モイスケア/ポリエステル=30/70不織布 3 3 かびの発育なし

    <注>
    *かび抵抗性
    1:試料片菌糸の発育部分が全面積の1/3を超えて認められる。
    2:試料片上に菌糸の発育部分が全面積の1/3以内で認められる。
    3:試料片上に菌糸の発育が認められない。


    試験方法
    JIS Z 2911,6.2.2 湿式法・準用
    試料を減菌したJIS無機塩寒天培地にのせ、その上から指定の菌懸濁液を噴霧する。この試料の入ったシャーレを24℃95%RHの状態で所定の期間培養する。その後、取り出して試料表面の菌の発育状態を肉眼観察する。
    試験用のかび:Pythium paddicum(IFO 31993)
    使用培地:JIS無機塩寒天培地

  2. 消臭性

    690ppm(500ml)のアンモニアを1gの「モイスケア」で10分後ゼロにできます。

    消臭性のグラフ

  3. 安全性
    急性毒性試験(LD50)、変異原性試験(Amesテスト)、皮膚障害試験(パッチテスト)により、すぐれた安全性を確認しております。

吸湿・発熱実施例

  1. モイスケア/綿混スムース編地と綿100%スムース編地の吸湿・発熱特性の評価結果
    測定装置: 東洋紡(株)総合研究所
    快適性工学ラボ 発汗シミュレータモデル(スキンモデル)

    モイスケア/使用スムースと綿100%品の衣服内温度変化の比較
    モイスケア/使用スムースと綿100%品の衣服内温度変化の比較
    モイスケアの方は綿100%品と比べ最高約2℃温度が高くなる傾向が見られます。


    モイスケア/使用スムースと綿100%品の衣服内湿度変化の比較
    モイスケア/使用スムースと綿100%品の衣服内湿度変化の比較

  2. くつ下の使用例

    くつ下の使用例くつ下の使用例


      試験方法

    • 測定環境 22℃、90%RH
    • 吸湿発熱におけるサーモグラフィー観察
       1.試料は絶乾燥状態にする。
       2.(1)の試料を22℃、90%RHの環境下に放置し、吸湿発熱状態が最高に達した時の靴下表面温度をサーモグラフィー(測定波長8~13μm 日本電気三栄製)で観察した。

    ○ 記載の製品のご使用にあたっては、お客様の用途、使用目的、加工条件等に適合するかどうか十分にご確認下さい。
    ○ 記載のデータは参考値であり、あらゆる使われ方に関して、必ずしも品質規格や安全性を保証するものではありません。

標準物性

  • デシテックス×繊維長:4.4dtex(4.0d)×50mm, 2.4dtex(2.2d)×38mm
  • 吸湿性:吸湿率41%(20℃, RH65%)
  • 吸湿発熱量:1449J/g(25℃, RH80.5%)
  • 消臭性:10分後アンモニア検出せず(690ppm 500ml/g)
  • 防かび性:発育なし(JIS.Z2911.6.2.2繊維の試験)

特徴

吸放湿性 吸湿性、放湿性にすぐれています。
吸湿発熱性 湿気を繊維内に吸着する時に熱を発生(吸着熱)します。その発熱量はウールの約3倍です。
消臭性 アンモニア、アミン等の塩基性の悪臭を消臭します。
加工性 一般の繊維加工機で加工できます。

用途例

  • 寝具・防寒衣料の中綿
  • 各種空調フィルター
  • 畳、建材等の調湿材
衣料用中綿
衣料用中綿
布団中綿
布団中綿

※本資料に示した測定値は代表例を示したものであり、保証値ではありません。

製品情報

製品情報

PAGETOP
Copyright © 日本エクスラン工業株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.